プレゼント・ギフト・出産祝い選び

プレゼントに月を贈ってみませんか

プレゼントに月?!と思った方もいらっしゃるでしょうね(笑)私自身調べて見てなるほどこの手があったかと関心しました。

そう、みなさんご存知の通り現在月の土地って簡単に買えちゃうんですよね。凄い時代だ、いや凄過ぎる本当に。今購入してプレゼントしたところですぐに月に住めるわけでは無いのですが、もしかしたら十数年後、はたまた百年後?!には月に住めちゃうかもしれません。月なんてなんて夢のある生活でしょうか!早く実現できる日がくるといいのですけど...

もしその願いが叶わなければ、子供や孫ができたときに月の所有権をプレゼントするのもいいですよね。月の土地は地球から見えている部分だけでも50億エーカーあり、現在までに4億エーカーが販売済みとなっています。本や花束と違って月の土地は限られているのです。

プレゼントするなら早いほうが断然お得というわけで、要は早い者勝ちですよね!それに大量生産できるわけでは無いのでプレミア物のプレゼントになりますし、絶対喜ばれるはずです。

1エーカー辺り2,700円と信じられないような安値で売られていますから、ちょっとしたプレゼントの際でも全く構わないでしょう。

カナダ・イギリス・ドイツなど15カ国の国や地域に代理店がありますのでどこからでも購入可能。ネット販売を利用すれば容易に購入することができますよ。

購入する際は権利者名をプレゼントしたい相手に設定すると喜ばれるのでは?プレゼント以外にも自分へのご褒美として購入してみてはいかがですか。

月の所有権は法律的に根拠があるのか

せっかくプレゼントしても根拠があるのか心配と思っているあなた、ちゃんと行政機関が認めているので大丈夫ですよ。

世界でもっともいち早く月の販売を始めたのはアメリカのデニス・ホープ氏。彼は月が誰のものなのかという疑問を抱き徹底的に調べ上げました。

すると、当時宇宙に関する法律は1967年に発効した「宇宙条約」のみ。その条約の内容とは、月は国家が所有することは禁ずるというもので、個人が所有してはならないという規定がなかったのです。ひらめきが尋常ではないですよね、羨ましいです(笑)

そしてその盲点を突いたデニス氏は月の権利宣言書を作成しサンフランシスコの行政機関とその他各国の国や地域に提出し、異議申し立てがなかったため正式に受理されたのです。

世界で始めて行われた「地球外不動産業」を立ち上げ、恋人へのプレゼントやギフトとして今では全世界に約130万人の月オーナーが存在します。あなたも恋人や家族にプレゼントして月オーナーの仲間入りをしましょう♪

また、月以外にも火星、金星の土地も販売されていますので、プレゼントしたい方の好きな星を贈ると喜ばれると思います。