プレゼント・ギフト・出産祝い選び

出産祝いのプレゼント・ギフトマナー

出産祝いで大切なのはなんと言っても思いやりの気持ちを持つことですよね。出産を終えたばかりのママさんはとっても疲れているのですから、その苦労を心から労いましょう。

良かれと思った出産祝いの品も、すでに持っているものかも知れませんし、ここで出産祝いを贈るときのマナーについて少し学んでいきましょう。
それだけじゃなく、お返しとなる内祝いにもしっかりマナーがあります。お返しの気持ちとなる内祝い もきちんと正しく行うことでお互いが幸せな気持ちになれますね。内祝いのマナーの前に、まずは出産祝いから紹介!

すぐに駆けつけるのはNG
出産を終えたばかりでママも赤ちゃんもまだ落ち着いていない時に突然訪問しては失礼です。出産後に訪問するのは赤ちゃんが産まれてから7日後〜1ヶ月が良いとされていますのでその期間に出産祝いを渡すといいでしょうね。私的には母子の健康状態がよければなるべく早く祝ってあげたいので2〜3週間以内がベストではないかなと思います。
病院に大勢で駆けつけない
すぐに行きたい気持ちは分かりますが、常識的に考えて病院は騒ぐところではないですよね。出産の報告を受けたなら、まず電話かメールでお祝いし、落ち着いてから向かった方がママさんも助かるでしょう。
風邪などの感染症に罹っている場合は訪問を控える
これは常識中の常識、大前提でしょうね。産まれたばかりの赤ちゃんはまだ免疫力が少なく感染症に罹りやすいですし、出産を終えたばかりのママさんに移ってしまっては大変。ちょっと風邪気味かな?と思ったら訪問を控えることをお勧めします。
母子の体調を確認してから訪問する
当然ながら出産は相当体力を消耗しますし、産まれたばかりの赤ちゃんも体調が不安定ですから、ママさんの負担にならないためにも事前に確認してから訪問しましょう。そして出産祝いに駆けつけたときも滞在時間は短めに設定したほうがよろしいでしょう。
出産祝いを渡し損ねた場合
ついつい出産祝いを渡し損ねて半年以上経ってしまったという方は多いのでは?できればベストなタイミングで出産祝いを渡したほうがその喜びも人一倍なのですが、渡し損ねてしまった場合1年以上過ぎてからお誕生祝いとして贈ることも可能。出産祝いとして贈ると少し不自然ですから、お誕生日祝いとしてさり気なく贈ると喜ばれますよ。
出産祝いを現金で渡したい場合
出産祝いで悩んだあげくやはり現金の方がママさんが自由に赤ちゃんのために使えて良いのでは?と考える方が多いようで特に現金を渡すのは男性が多いようです。出産祝いとして現金をプレゼントするなら表書きに「おもちゃ料」など、何々料とつけると良いでしょう。
出産祝いを現金で渡す場合は汚れたお札は避けて
せっかくの出産という新たな門出に折れ曲がったお札や汚れたお札はふさわしくありません。出産祝いとしてプレゼントするのであれば、なるべく新札を用意しましょう。
出産祝いにふさわしい金額で
出産祝いをプレゼントする場合、あまりにも年齢とギャップがあったり立場上の不釣合いがあっては失礼、もしくは高額なものはママさんが負担を感じてしまいます。出産祝いに決まった金額は無いのですが、あくまでも自分の年齢とスタイルにあった出産祝い選びを。地域や習慣によって出産祝いの金額も異なりますので要注意。
出産祝いに不吉な数字は使わない
ご存知の方も多いとはおもいますが「4」や「9」といった数字はあまり縁起がよろしくないとされていますよね。この数字が付いたもの、絡むものは避けて出産祝いを贈りましょう。
産まれる前に絶対出産祝いを渡してはダメ!!!
これは絶対です。なぜかというと万が一死産という不幸にあってしまったら出産祝いって皮肉ですよね・・・もちろん万が一!ですが、無いとは言い切れませんし。赤ちゃんの容態が落ち着く7日以降に健康状態を確認してから出産祝いを渡すようにしましょう。